お見合い

お見合いと言っても両家の親と本人達の気軽な会食だとママが言った。

 

「着物…?」

 

「いえ。ワンピースで十分よ。私もスーツだし」

 

「場所はどこ?」

 

「***ホテルのグリル岩谷よ」

 

「…あそこか…」

 

高級ホテルの中のモダンな感じだけど堅苦しさのない私のお気に入りの店だった。

 

でも、今日を境に嫌いになりそう。

 

 

 

 

 

そんなことを考えていたら、

 

「…大丈夫?」

 

「え?」

 

ママが心配そうに見ていた。

 

「別に…」

 

と、微笑む。

 

 

 

 

 

「ママ…ママはどう思ってる?パパの話」

 

「私は反対…ではないわ」

 

「…そう」

 

「もしかしたらあの人が言うように、あなたにとって良いお話かも知れないと思うのよ」

 

驚いた。

 

 

 

 

 

ママの口からそんな言葉を聞くなんて。

 

ママが一番よく知っていると思っていたから。

 

この政略結婚というモノを…

 

 

 

 

 

「…」

 

「ママは…今幸せ?」

 

「ええ。とても」

 

返ってきた言葉に更に驚いた。

 

「パパがあんなでも?」

 

「そうね。パパとのことは…置いといて、私にはあなたが居るから」

 

「私?」

 

「そうよ。この20年あなたが居てくれたからママは毎日楽しく、幸せに暮らしてこれた。それに搭季さんも可愛いし」

 

兄の修星はママがパパと結婚する前に既にこの世に誕生していた子。

 

パパと当時の関係の有った女の人との間に。

 

それを知らずにママは結婚した。

 

結婚して私が生まれ、女の子だと分かった途端にこの三条家に隠していた修星を迎え入れた。

 

そしてそれ以来ママとの間に子供は出来ていない。

 

私はあの時のママの顔が忘れられない。

 

まだ幼かった私の脳裏に焼き付いた初めての人の悲しみと言うもの。

 

 

 

 

 

愛情は無くとも夫婦間には最低限のルールは有ると思うから。

 

そしてその5年後何処かの誰かに産ませた子が搭季。

 

赤子で連れてこられた搭季を育てたのはママ。

 

私も可愛い弟が出来たと無邪気に喜んだ。

 

 

 

 

 

まだ、赤ちゃんがどうやって出来るのかも知らなかった私。

 

何の疑いも、躊躇いもなく自分の弟と信じた。

 

6つ上の兄とは全く接点が無かった分、ずっと一緒に過ごしてきた搭季。

 

ママはどんな気持ちで私たちを見ていたのだろう。

 

ママの言葉に嬉しくもあり苛立ちも有る中、ママの言う《幸せ》の意味を考えていた…

 

「明日は11時にホテルに向かうけど、その前に美容院を予約しといたわ」

 

「ありがとう」

 

「綺麗にして貰いましょうね」

 

 

 

 

 

「ママは先方の事は…知ってるの?」

 

「そうね…お相手の零〈れい〉さんは今IT企業を立ち上げられて、その社長をしてられるわ」

 

「IT業界の方なの?」

 

「いえ、桐生〈きりゅう〉グループのご子息で」

 

「桐生?!」

 

驚いた。

 

私でも知っている世界的にも名の通った会社。

 

と言うか、誰でも知っているのではないか。

 

日本有数のグループ。

 

「でも…あそこはIT関係の会社では無い…わよね?」

 

「ええ。何れは会社を継ぐことは決まって居るでしょうけどまだ、現社長のお父様の会長がお元気だし、好きなことをさせてらっしゃるようね」

 

 

 

 

 

うちの会社も名の通った方だと思うけど…規模が違う。

 

これって…

 

「ママ、うちの会社は危ないの?」

 

 

 

 

 

「いえ…そう言うわけではないわ」

 

「なら、どうして?いくら婚姻関係を結ぶと言っても…おかしいでしょ?うちなんかが相手にされる訳無いわ」

 

企業としての格が違いすぎる。

 

 

 

 

 

「会社のことはよく分からないのだけど、このお話は桐生グループの会長さんの持ってこられたお話だそうよ」

 

格上の者が格下の者にこういう話を持ち出すと、格下の者はまず断らない。

 

いや、断われない。

 

それはこんな小娘の私ですら知っているこの世界の掟の様なもの。

 

 

 

 

 

「…ママ」

 

「政略結婚そのものね…」

 

そう言って私よりもママの方が泣きそうな顔をした。

 

「大丈夫よ。きっかけはどうであれもしかしたらその方と上手くやっていけるかもしれない。いえ、やって見せるわ」

 

そう言って安心させたい一心で私はママの手を強く握り、精一杯の言葉をかけた。

 

 

 

 

 

これから、自分の身の回りに何が起きるのかも知らないままに時ばかりが過ぎていく。

 

世間知らずな私。

 

ママを見てきたから私は結婚生活に夢なんて持っていない。

 

とても現実的な受け止め方をしていた。

 

 

 

 

 

 

だけど…

 

その悪条件…それは想像を絶する

 

最悪の物だった。

 

…お見合い当日…

 

 

 

 

 

「茉愛沙、時間だわ」

 

「えぇ」

 

 

 

 

 

私はソファーから立ち上がると、ワンピースの裾をそっと直した。

 

薄いブルーのシフォンのワンピースはシンプルだけど綺麗目。

 

それに白のヒールを合わせた。

 

私は身長165p。

 

それに7pは有るヒールを合わせると170pは越える。

 

身長は高く遠目には大人っぽく見えるが、実際はコンプレックスに成るほどの童顔だ。

 

切れ長の目に憧れるのに…ママに似たまあるいブラウンの目。

 

シャープな顎のラインだと良かったのに、ふっくらとした頬。

 

これが…幼さを強調していた。

 

どう転んでも綺麗なんてものには程遠い。

 

だけど…これが私。

 

誤魔化しようがない…。

 

 

 

 

 

髪は顔回りを編み上げ後ろはそのまま下ろした状態。

 

私の自慢の髪でもあるブラウンの髪。

 

相手がどんな人だかは知らないけど、私は私のスタイルを通そうと思った。

 

見初めてもらうつもりは無いし、かといって見下されるのも、蔑〈さげす〉まれるのもごめんだ。

 

 

 

 

 

この時の私は強気だったのに…

 

 

 

 

 

「髪は上げた方が良かったんじゃない?少し大人っぽく…」

 

「良いのよこれで。それよりパパは?」

 

「お仕事の都合で、そのままホテルに来るそうよ」

 

「…そう」

 

 

 

 

 

そう言って私とママは家の前に既に待機していた車に乗り込んだ。

 

 

私の誕生日にはいつもあの店でママと搭季で食事をしていた。

 

そんな私のお気に入りの場所だったのに…

 

 

 

 

 

「ママが言ったの?」

 

「何を?」

 

「ここの店の事」

 

「あぁ…ここはうちの持ち物だから…色々情報はあの人に入っているんだと思うわ」

 

ママが申し訳なさそうに言った。

 

 

 

 

 

窓の外を眺めると4月と言う季節なんだと改めて実感した。

 

桜が綺麗に咲いていたから。

 

 

 

 

 

「そっか。今って春なのね」

 

「…?茉愛沙?」

 

 

 

 

 

私の誕生日は2月。

 

だから20歳に成ったばかり。

 

お酒は少し前から嗜〈たしな〉んではいたけど、そう弱くもなく、底抜けのザルな訳でもない。

 

パーティーで出るカクテル位なら、挨拶をする度に乾杯をして口をつけても取り乱すことはない。

 

好きかと聞かれても嫌いではない…程度。

 

 

 

 

 

『もう…このホテルで食事をすることはないわ』

 

そう心の中で呟いて目の前に聳えるホテルを見上げた。

 

私の中の楽しかった想い出は、今日を境に嫌な思い出に塗り替えられてまいそうだから